心のバリアフリー

アウトドアヨガ祭りには、さまざまな人が来られます。
車椅子の人、杖をついた人、高齢者、妊婦さん、ベビーカーを押したお母さん。

アウトドアという場所はいつも安全で快適であるとは限りません。

すべての人がより安全に心地よく過ごせるよう、配慮をしています。


まだまだ取り組む必要のある課題もたくさんありますが、多様な方に対応できるよう心のバリアフリーを目指して、障がいのある方やご高齢の方への理解を深める活動を少しずつ広げています。

ハンディキャップヨガクラス

アウトドアヨガ祭りのすべてのヨガクラスは、どなたでもご参加いただけますが、障がいのある方や車椅子の方も安心してご参加いただけるよう、ハンディキャップヨガクラスを開催しています。

 

動くのが得意な人もそうでない人も、同じようにゆっくりと動いて時間を共有します。

サポーターズ講習会

2017年より『サポーターズ』を発足しました。アウトドアヨガ祭りに来られる方々が安全に過ごせるよう適切な対応を学ぶために、さまざまな講習会を企画しています。

 

車椅子介助講習やAED講習、バリアフル体験講習などをアウトドアヨガ祭り当日まで、月1回のペースで開催することを予定しています。
サポーターズは随時募集中です。