アウトドアヨガ祭とは

イベント概要

アウトドアヨガ祭りとは

ヨガをきっかけにして街をもっと好きになったり、植物にもっと優しくなったり、大切なものと沢山であったり、自分も、他人ももっともっと好きになりたくなる気持ちを育てるイベントです。

 

室内のクラスが一つもない、日本最大規模のアウトドアヨガイベントです。


イベント会場

大阪の水辺に広がる、都会のオアシス 中之島公園 芝生広場で、2011年より毎年開催してきましたが、2020年は会場をはちけんや浜へ移動いたします。

 

はちけんや浜は、熊野古道への出発地点、そして江戸時代では京の都への玄関口として栄えた交通の要所という歴史をもつ場所。

 

歴史を感じ、未来を想い、今を皆で楽しむたくさんのヨガクラスと、素敵なお店がいっぱいのマーケット「アースビレッジ」や、水上のプログラムなど楽しい企画を会場全体に設けています。

これまでの経緯と成果

アウトドアヨガ祭りは、2011年に大阪の水辺を盛り上げる、水都大阪推進委員会の「恒常的な水辺のにぎわい創出事業」に採択された、リバーサイドヨガの企画として始まりました。

 

運営スタッフは全員ボランティア。

ヨガの経験者も初心者もみんなで一緒に作り上げていく、手づくりのイベントです。

 

2012年以降は、独自のイベントとして、規模もだんだんと大きくなっていきました。
ヨガクラス参加者の統計は、

2013年:1000人以上

2014年:2000人以上

2015年:2200人以上

 

また、2014年のヨガクラス参加者へのアンケートでは、

性別:男性…16%、女性…84%

ヨガ経験:初めて…21%、たまに…32%、定期的にやってる…25%

という結果にも見られるように、アウトドアヨガ祭りは性別やヨガ経験に関わらず、みんなが同じ場を楽しめるイベントになっていることがわかります。

みんなが楽しめるバラエティ豊かなヨガクラス

アウトドアヨガ祭りのヨガクラスは、ヨガ経験者だけでなく、ヨガが初めての人も楽しめるプログラムを目指しています。

また2020年にはオンラインによるクラス配信も実施いたします。

  • 親子で楽しめる「おやこヨガ」
  • オフィス疲れに役立つヨガ
  • スポーツパフォーマンスが向上するヨガ
  • 男性のための「おとこのヨガ」
  • 笑う力で心身ともに平和になる「ラフターヨガ」
  • 椅子に座って誰でも簡単「椅子ヨガ」
  • 心身に障がいがあっても無理なく参加できる「ハンディキャップヨガ」

などなどバラエティ豊かなクラスが盛りだくさんで、子どもから高齢者までご参加いただけます。

 

ヨガを通してみんなが笑顔になるようなヨガクラスの提供を目指しています。

参加費について

ヨガクラスの参加費は、無料のものと有料のもがあります。障がい者手帳をお持ちの方はどのクラスも無料になります。

現地クラス参加の方は、当日チケットを購入下さい(先着順)

現地クラスは定員制となります、事前予約は受け付けておりません。

当日のお支払いになります。

 

オンラインクラスは、事前に参加のためのURLを取得いただきます。

発売は10月末頃を予定しております。

オンラインクラスはZOOMアプリを利用した配信となります。 

 

ヨガマットのレンタルのご用意はありません。

 

●料金●

現地クラス    1000円/人(一部無料クラスあり)

オンラインクラス 1000円/一日(1日受け放題です、1クラス受講時も同じ料金です)